オジギソウと狐の話



うちの庭は色んな植物が生えていて手入れをさぼっているとあっという間に雑草が増えて手がつけられなくなる。


先日業者も呼んで大規模な庭の手入れを行なった。僕はオジギソウという草が生えているエリアの雑草を抜く担当になった。


オジギソウとは手で触ると葉っぱがゆっくり閉じる草で、大人にも子供にも大人気の草である。

お参りに来た家族の子供に「あの草ちょっと触ってみ」と促して触らせると9割は喜んでくれる。この前も通りすがりの女性のお客さんがオジギソウを触ってキャッキャとはしゃいでいて、「面白いですよねー」と言いながら心の中で(ありがとう)と言いました。


そのオジギソウ周辺の雑草を抜くのだが、オジギソウの群生しているところに、触っても葉っぱが閉じない草があることに気付いた。

調べてみるとコミカンソウという草のようだった。見た目はオジギソウにそっくりで、オジギソウは種を植えて育てているが、コミカンソウは雑草だった。

隣で草むしりをしていた母が「擬態してるつもりなんかね」と言いながらコミカンソウだけをぶちぶち抜いた。僕はそのコミカンソウを見ながら、ふと頭の中に「虎の威を借る狐」の言葉が浮かんだ。



僕が通っていた高校は、元は工業高校で入学の少し前に共学になった学校だった。なので僕が入学した時は女子はほとんどおらず、ヤンキーが教室にひしめき合うような状況だった。


幸い僕はあまり人見知りしない性格なので、ヤンキーでも割りと普通に話せて友達は自然と増えたのだが、ヤンキーは身なりのことをよくからかう節があり、仲良くはなったが髪型のことや眉毛の濃さ、ズボンの丈を上げすぎだ、など度々言われた。それが煩わしくなってきたのと、周りに馴染むために腰パンをしたり眉毛を剃ったりしていた。


その後たまに中学の友達と久しぶりに会うと、風貌が変わった事に驚かれたり、ヤンキーの友達が多い事などで一目置かれたりして僕の中で変な高揚感が生まれた。ヤンキーの真似をして輪に入ることで自分の事を大きく見せようとしたのである。まさに僕は虎の威を借る狐だった。


そんなことをコミカンソウを見て思い出した。こいつは僕だ… と思いながら少しだけ手に力を込めてコミカンソウを抜いた。


終わりです。

謎の生物を見た話



謎の生物を見たことがある。



保育園だか小学校低学年くらいの頃(よく小学4年生の夏、とかハッキリ言い切ってる文章があるけどよく覚えてるなといつも思う)、世間ではカブトムシやクワガタが流行っていて、周りの友達もよく飼っていた。

テレビではカブトムシやクワガタを紹介する番組がよくやっていて、虫が好きだった僕はいつも見ていた。


ある日父親と二人でテレビを見ていると沖縄までカブトムシやクワガタを捕まえに行く番組があった。
深夜、リポーター達が樹液がよく出る木に行きカブトムシやクワガタを大量に捕獲して番組は大盛り上がりだった。それを見ながら僕も大盛り上がりだった。
「この捕獲したオオクワガタ、なんと8万円相当の大きさです!」
とレポーターが紹介した。
この言葉を聞いてから隣で見ていた父のテンションも上がってきた。こりゃあ稼げるな、とか言っていた。

番組が終わり僕はすぐさま父にクワガタを飼いたいとねだった。買うのは高いので後日捕まえに行くことになった。稼ぎたい父と飼いたい息子の思惑が一致した形となった。


後日、早朝5時頃に近くの山に父と行った。僕の住んでる町は田舎の方なのでしばらく歩けばすぐに山がある。
父が樹液の多く出る木の場所を知っていた為、その場所まで真っ直ぐ向かった。


その場所に到着して驚いた。予想より遥かに多くの虫が木に集まっていた。そして他人の親子も数組来ていた。有名な場所だったようだ。一番大きな木にはカナブンやカブトムシやクワガタがひしめき合っていた。
言い出しっぺの僕はあまりの数にキモいなと思いながら少し引いた。父のテンションは爆上げだった。
それからセオリー通りに木を蹴ってカブトムシを地面に落とす作戦に出たが、ここで問題が発生する。


僕ら親子が蹴った木にはクワガタもいたがスズメバチもいた。それに気付かず木を蹴ってしまった為、スズメバチも一緒に落ちてきたのだ。
気付いた僕はすぐに逃げたがスズメバチは僕を追いかけてきた。気合いを入れて真っ黒なダイエーホークスのキャップを被ってきた自分を恨んだ。


その時後ろから父が叫んだ。


「伏せろ!!!!!!!!!!!」


僕はそれを聞いてダサいヘッドスライディングをかました。頭上をスズメバチが飛び去った。


そのとき、僕は確かに見た。

地面に倒れた僕の目の前の草むらから謎の生物の下半身だけが出ていた。


完全に見た目の質感はトカゲの下半身なのだが、足が小さすぎる。
そして胴体はデカい。トカゲというより完全にヘビ並みの太さだった。僕はそのままそいつを見たまま固まってしまった。
そいつはすぐに草むらの中に引っ込んでしまい、急いで立ち上がって草むらを見たがもうそこには何もいなかった。

そのあとはそいつのことが気になってしまい、終始ぽけーっとしていた。
結局ノコギリクワガタとカブトムシを2匹ずつ捕まえて帰ったのだが、虫たちよりもそいつのことが気になってしまった。家に帰って図鑑で調べたが、どれも違っていた。


今でもそいつを見た記憶は鮮明に覚えており、定期的にふと思い出す。この間トイレにこもって考え事をしていたら急に思い出したので書き記した。


ちなみにカブトムシ達は全部同じカゴに入れていたらノコギリクワガタが全て抹殺していた。それ以来ノコギリクワガタはあんまり好きになれない。


終わりです。

トイレが詰まった話


他人の家のトイレが詰まった話なんてブログで読みたい人はいないと思うが、自分の教訓のために書き記しておこうと思った。


先日、家で検尿をしていたら検尿カップをトイレに落としてしまった。
まあいけるっしょ、みたいな軽い気持ちでそのまま流したのだが、これが悲劇の始まりだった。

その日の晩に用を足してトイレを流したらみるみる水が溢れて来た。
普段「小」で流してるので慌ててレバーを戻し、なんとか水没は免れたが、便器いっぱいになった水をしばらく真顔で見つめた。

以前にもトイレが詰まったことがあったので、手元にポッコンするやつ(ラバーカップ)はあり、ある程度冷静だったが今回は紙ではなく溶けないプラスチックのカップだったので少し不安になった。

以前と同様、少しずつ水を溜め、いざポッコンを試す。

流れない。

まだ慌てるような時間じゃない、と頭の中でスラムダンクの仙道が言った。
タバコを吸って一息ついた後、再度水を溜め数回ポッコンポッコンしてみる。

流れない。

頭の中でクラシアンの曲が流れる。
「トイレのトラブル5000円♪」
手元には280円しかなかった。

その日は深夜までポッコンポッコンし続けたが、結局水が流れることはなかった。


2日目。
トイレが詰まった者の朝は早い。

不安からか満足に眠れず6時前に目が覚め、まずしたことはトイレに水を溜めポッコンすることだった。

トイレ 詰まった 検尿カップ 等で検索すると、2日目、3日目に流れた例がいくつか見つかる。淡い期待を持って挑んだが、相変わらず水は流れなかった。

幸い、完全に水が流れないわけではなく少しずつ流れる状態ではあったためおしっこはすることができたが、奴(大便)は流れる保証がなかったのでいつ便意が来るのか気が気じゃなかった。自分が便秘体質であることに初めて感謝した。
結局水は流れず朝はそのまま暗い気持ちで家を出た。

帰宅後、すぐに気付くほどの異臭。水が流れないことによるものだった。苦しい思いをしながらも水を溜め、ポッコンを繰り返す。


跳ねた水が足にビシャッと掛かったところで心が折れた。臭いとストレスで心は限界だった。
すぐに業者を呼び、事情を話す。

トイレの型によってかなり値段が変わるらしく、業者に調べてもらったところうちのトイレは高い値段のタイプだった。どうします?と業者が聞くが、心が折れた僕はすぐさま「お願いします」と頼んだ。

トイレがみるみる分解されていき太い排水溝が現れた。そこに素手のまま手を突っ込む業者。

素手でいくんですね。と聞くと「手袋付けても一緒ですしね!」と元気よく答えてくれた。そんなことないんじゃないかと思ったが なるほど〜と言っておいた。無事、素手によって検尿カップは回収され、流れるトイレが戻ってきた。
とりあえず手洗いますか、と聞いたら「あ、いいんですか?」と業者。こんなことなら初めから手袋を着けてくれ。僕がハンドウォッシュを業者の手に出してあげて手を洗ってもらった。この共同作業何?と思って少し笑ってしまった。
代金は36720円だった。

トイレが古い型によってはかなり高額になるらしく基本的に新しいタイプの物だと2万円代で済むこともあるらしい。
うちのトイレは新しいタイプだったが、排水溝を繋げる部分の部品が一度外すともう使えない物で取り外すと必ず交換しなければならないらしく、その部品のせいで代金が高くなった。実は自分で分解しようとも思い少し調べたりもしたのだが、その部品の存在は知らなかったので、もし自分で分解していたら本格的に終わっていた可能性もあった。


まとめ

・検尿カップは流さない。
・料金は思ってる以上に高い。
・自分でトイレを分解してなんとかしようと思わない。
・業者が排水溝の中に素手でいく可能性もあるので手を洗える石鹸を用意しておく。

終わりです。

入院した話


先日の朝、下痢だった。


僕はお腹がなかなか弱い体質で、便秘、下痢は割とよくあることだったのでその時も特に気にはしていなかった。

しかし昼になるにつれてトイレに行く回数がどんどん増えていく。昼休みはついにごはんも食べれずにトイレに篭りっぱなしという事態になった。

そして尻から出る水、水、水。もう出る物は何も無いのに、まるでチンピラに脅されてまだ金持っとるやろ、と身体中を探されるような錯覚に陥った。これはいつもの下痢とは明らかに違う。異常に思い午後は休みを取ってすぐに病院に行った。


病院に着き受付に症状を伝えた途端に「うわ、ノロウイルス来た」という冷たい視線。以前インフルエンザにかかった時も同じような目をされ、廊下の隅っこに座らされて目の前にでかいつい立てを置かれた。その時と今回も全く同じ対応で廊下の隅っこに案内され、僕の目の前にでかいつい立てが置かれた。久しぶりのつい立てだった。本当にこれで対策出来ているのか未だに聞けずにいる。


その後尻の穴に棒を突っ込むなどの検査を経て、流行中のノロウイルスではなく、おそらく急性胃腸炎だろうということだった。ただ脱水がひどく熱もかなり上がってきていたのですぐに入院ということになった。人生初の入院で、この時は少しテンションが上がった。


病室に案内され点滴をし、おそらく明日の夕方までこのままだと説明を受けた。この時すでに携帯のバッテリーも切れ、いよいよ暇になってしまった。


寝不足だったこともあり、ゆっくり休む良い機会だと思ったが、この日の夜勤の看護婦がまぁ当たりの強いおばちゃんだった。

点滴を刺されてすぐに寝てしまった僕は2時間後に突然叩き起こされ、「点滴1本終わってるやん。なんで呼ばない?」といきなり怒られた。怖い。そんなに怒らなくても、と思ったが、看護婦が出て行ってから廊下で「○○さんもう夜中やから!出歩かんといて!○○さん!!」

とずっと大きな声が聞こえて来たので看護婦さんも大変なのだと思った。


そこからは騒がしかった。

別の部屋からずっと聞こえる「おーーい、助けてくれーー。おーーい、助けてーー。おーーい、おーーい、助けてくれーー。おーい、死んでしまう。助けてー。」

というおじいちゃんの声。看護婦が助けに行かないところを見ると、おそらく毎日言っているのだろう。

暴れちゃいかんよ点滴が外れる、○○さんどこに行くの、という看護婦の大声。

深夜の病院の恐ろしさを初めて痛感した。


僕の好きな作家のこだまさんという方がブログで入院日記を書かれていて、よく読んでいた。こだまさんのブログには入院中の他の患者さんとのやりとりやエピソードがコミカルに書かれており、よく笑いながら読んでいた。

しかし現実の入院は違った。ここは地獄だ。


そんなことを思っていたら廊下をスリッパの音がパタパタと響いて僕の病室の前で止まった。僕が寝ているベッドからは見えないが、部屋のドアは開いており会話や音がよく聞こえる。

看護婦が「○○さん何してるの!」と言いながら駆け寄ってくる。

「あの子が遊んでほしそうやったから。小さいのに1人で可哀想やんか」

明らかに僕の部屋に向けておじいちゃんが言った。やめてくれ。そこからは僕のことが見えないはずだから確実に僕のことじゃないじゃないか。

子供なんかどこにもいませんよ、と看護婦が言うが、おじいちゃんはあの子と遊んでやらんと、と何度も繰り返しながら部屋に戻された。

とても寝られる気分ではなくなってしまった。


朝になると当たりの強い看護婦が来て興味なさそうに僕の体温を測った。全然下がらんね、と興味なさげに言った。

とりあえずありがとうございました、とお礼を言ったら「メリー胃腸炎マス」と一言残し部屋から出て言った。意味がわからない。なめてるのか。


結局入院はその日の夕方まで続き、合計11本もの点滴を打たれた。一週間は食事に気を使う生活を余儀なくされた。

皆さんもいつもの下痢とは違うと思ったらすぐに病院に行ってください。


メリー胃腸炎マス。


終わりです。


相席屋に行った話

長いです。


先日、同期に連れられて初めて相席屋というものに行った。前々から誰がこんなところに行くんだと思っていたら、まさか自分が行くことになるとは思わなかった。


しかしその日は平日なのもあってか行く店行く店、女の子が全くいなかった。僕はもう普通の飲み屋でいいんじゃないかと思ったが、最低でもラインの交換くらいはしたいと血走った目で同期が言っていたので、今日はとことん付き合おうと覚悟を決めた。4軒目くらいでようやく女の子がいる店を見つけた。しかも相手も2人で現在男もいないということだったので、すぐに店に入ることにした。


相席屋にいる女の子というのは正直見た目も派手で遊び慣れてる人が多いのだろうと勝手に想像していたのだが、想像とは違い相手は本当に普通の女の子2人だった。席について簡単に自己紹介をして今やっていることだとか趣味などを話した。僕は寺の後継ぎなのだが基本的に初対面の人にも隠したりはしないので(全てのことを話すわけではないが)実家の宗派などのことを簡単に話したら意外と食い付きが良く興味を持ってくれた。

いい時間になったのでライン交換を振ったら快くOKしてくれて、その日は別れた。こんなに上手くいくもんなんだなと思いながら同期とニヤニヤしながら帰路に着いた。

帰宅した後、今度の休みに4人でごはんに行かないかとさっそく連絡が入った。僕はOKと返事をして少しドキドキしながら眠りについた。


次の休みの日、指定されたモールのフードコートに同期と向かった。

こっちだよ!と手を振られた方を見る。

3人いた。知らない女性が増えていた。

え、誰?と思いながら席に着いたら、知らない女性は満面の笑みで、Yです。と名前だけ教えてくれた。巨乳だった。

疑問に思いながらもお腹が空いていたのでとりあえず昼食を取った。


食べ終わった後に軽く話しをしていたら、女性の一人が目をキラキラさせながら言った。


「お寺の方なんよね?実は私達も小さい頃から家族で朝晩、勤行とかしてるんよ。○○様のお徳を称えてね、毎日となえることによって○○が発生してね、本当に幸せなの。隣のこの子も今が本当に幸せでね、これも全て○○様のおかげなんだけど昔は荒れてて結構ひどい時期もあったんだけど私が紹介して実践してからは毎日が変わったみたいで今は本当に心の底から仲良くできてるし信頼できる仲間になったしやっぱりこれって○○様のお力がすごいおかげなの私達が今できることはこの教えや力を日本中に広めることで浸透したその時が日本が真の平和になることを確信していてそのためには早くみんなに知ってもらわなきゃいけないと思ってて例えばこの教えってこんな力もあって」





あ、これ勧誘だ。ってワンテンポ置いてから気付いた。急に始まったので、一瞬何が起きたのかわからなかった。

そこからノンストップ3時間の勧誘。教科書をそのまま延々朗読するような意味がわからない単語を交えた文章を読み続ける女性。なんでお店じゃなくてフードコートなんだろうと来る前に思っていたがこういうことだったのかと、ようやく理解した。

彼女らが信仰している宗教は、おおもとになっている仏を崇め、功徳を積めばどんな願いも叶うというものだった。

僕も一宗教者として、簡単に他の考え方や信仰を否定はしたくなかったので、まじかよと思いながら黙って聞いた。

けどあまりに出てくる奇跡の数々。ガンが治った、災害で助かった。家族と再会できた。その奇跡をあまりに自慢してくるので、ガンが治った人って知り合いとかにいるんですか?と聞いた。

「あ、私の友達治りましたよ〜」

巨乳が言った。軽い。あ、お風呂沸いてますよ〜、ぐらい軽い。

信仰してる人は病気では死なないんですか?と聞いたら、功徳が足りないなら死にますよ!とバッサリ切られた。乳が揺れる。

僕「ちゃんと拝んでても功徳足りなかったら治らないんですね」

巨乳「そうですね、死、ですね」

僕「死、なんだ」


死だそうです。


彼女らの宗教では功徳を積めなかった人の遺体はすごく黒くて硬いらしい。

彼女らのうちの一人は、おじいちゃんが亡くなった時に功徳が足りなかったのか、遺体が黒くて硬くなったらしい。(家族全員でちゃんと朝と晩に勤行してたのにね)

それを他の家族全員で遺体に向かってお経?をとなえると、遺体がみるみる白くなって柔らか〜くなったらしい。頭の中で解凍されていく鶏肉の映像が流れた。


そのような話がずっと続き、反論してもツッコミを入れても、それは教えが理解できてないからですよね〜と巨乳が笑いながら言うので、3時間経った頃に半分キレながら


君たちは完全に自分のことしか頭にない。これだけ長時間話し続けられる情熱は本当に見習うべき所だし想いも伝わってくるけど、この3時間話してきた言い方は宗教をまず置いといて人としておかしいんじゃないか。意味不明な単語の羅列、理解している前提での説明の仕方、相手の考えをまず否定から入る、勧誘する立場としては最悪だと思う。自分が何年間も愛着を持って使ってきたものを根本から否定されて、いい気分になるやつがいると思うか。まず自分の考えじゃなくて相手の立場とか気持ちとか知ることから始めないとどうしようもない。あと1時間前からトイレにも行きたい。


と立て続けに言ってしまった。数年ぶりにあんなに怒ったと思う。

そうしてようやく解放された僕と同期は元葬儀屋の先輩を誘い3人で飲みに行き、先輩に事の経緯を話した。


先輩も葬儀屋時代に彼女らの宗派の葬儀を何度か担当したらしい。遺体に全員で手を当て念仏を唱えながら柔らか〜くなるのを待っていたらしい。


「あれ、遺体が温まって腐っちゃうからやめてほしいんよね」

先輩は何とも言えない顔で言った。

白くなるのは何でなのか話し合った結果、遺体が空気を読んでくれたから。という結論に至った。

遺体に気を使わせるんじゃないよ。と思った。


終わりです。